黒部ダムのトロリーバス引退。 2018年は『トロバスラストイヤー』

リンク広告




長野県側から 黒部ダム へ向かうルート、長野県大町市 扇沢駅 ~ 富山県立山町 黒部ダム駅

その間を結ぶのが、関電トンネル トロリーバス 

扇沢駅~黒部ダム駅 6.1kmの区間を16分で走り、トロバス の愛称で親しまれています。

このトロバス、名前も見た目もバスなのですが、実はモノレールなどと同じ、特殊鉄道 に分類されています。

その理由は、ガソリンではなく、電気を動力として走るためです。

排出ガスによる公害が全くない、クリーンエネルギーである電力を利用して走るトロバス。

山岳地帯の自然環境保護の観点から選ばれ、立山黒部アルペンルートの1区間を走り続けてきました。

そのトロバス、残念ながら、2018年の営業を最後に引退 します。

電気料やメンテナンス料金を考慮し、架線を使わずに車載バッテリーに蓄電して走る、電気バスの導入が決まったことによるものです。

累計6千万人以上もの観光客を運んできたトロバス、54年間の長い歴史に幕を下ろすこととなりました。

それにともない、トロバスラストイヤーキャンペーン として、現在いろいろなイベントが行われています。

ラストイヤーのロゴマークが描かれた、ラッピングトロバス の運行もそのひとつです。

そして、記念乗車券 のデザインも、ラストイヤー仕様となっています。

以下は、https://kyodonewsprwire.jp/release/201804062740 からの参照です。

○トロバスラストイヤーキャンペーン イベント等概要
1.実施期間  平成30年4月15日~11月30日
2.実施場所  黒部ダム、扇沢駅、大町市街ほか
3.主なイベント等の一覧(詳細は添付の資料をご覧ください)

・トロバスラストイヤーキャンペーンに係る主なイベント
(1)トロバスラッピング
時期:4月15日(日)~11月30日(金)
概要:トロバスラストイヤーのロゴマーク等を配したラッピングトロバスを運行

(2)記念乗車券と記念乗車券レプリカセットの発売
時期:4月15日(日)~11月30日(金)
場所:扇沢駅、黒部ダム駅
概要:トロバス風のカラーリングと、歴代トロバスの画像(季節ごとに変更)を用いた
記念乗車券を発売。
乗車券のレプリカ2枚と台紙をセットにした記念乗車券レプリカセットも数量限定で発売

(3)トロバスカードの配布
時期:4月15日(日)~11月30日(金)
場所:扇沢駅、黒部ダムほか
概要:ラストイヤー限定のオリジナルトロバスカードをイベント等にて配布

(4)ラストランCOUNTDOWN(*)
時期:4月15日(日)~11月30日(金)
概要:今年の営業期間(230日間)において、観光に来られたお客さまにラストラン
(11月30日)までの間、インスタグラムにてカウントダウンをしていただく

(5)トロバス・ロープウェイ車庫見学会
時期:7月28日(土)、9月29日(土)
場所:扇沢駅、大観峰駅
概要:普段は立ち入ることができない、トロバスと立山ロープウェイのバックヤード(車庫)
見学へご案内(公募抽選制)

(6)さよならトロバス引退セレモニー
時期:11月30日(金)
場所:黒部ダム駅、扇沢駅
概要:運行最終日に、トロバスラストランを記念し、引退セレモニーを実施

・映画「黒部の太陽」上映50周年に係るイベント
(1)映画「黒部の太陽」撮影セットレプリカ等の展示(*)
時期:5月初旬~10月31日(水)
場所:黒部ダム特設会場、扇沢駅
概要:石原裕次郎記念館(於:小樽 平成29年8月31日閉館)にて
展示されていた、映画「黒部の太陽」撮影セットレプリカやパネル等を、
黒部ダム新展望広場特設会場等にて展示

(2)映画「黒部の太陽」ウィーク(*)
時期:8月上旬~中旬
場所:大町市街、扇沢駅、黒部ダム駅
概要:映画「黒部の太陽」にまつわる品々の展示会を大町市街等で開催

※(*)は大町市と連携して実施するもの。
※イベント等内容が変更となる場合もあります。
※イベント等の詳細については黒部ダムオフィシャルサイト(http://www.kurobe-dam.com/)で順次紹介いたします。

なんとなく寂しそうに見える、トロバスの後ろ姿です。

残り少ない期間ですが、頑張って下さいね。