長尾中華そば 青森駅前店 青森行ったら煮干しラーメン!

リンク広告




青森県青森市にあります 長尾中華そば 青森駅前店 をご紹介します。

青森県津軽地方には 津軽ラーメン というご当地ラーメンが存在します。

津軽ラーメンとは、青森市や弘前市を中心とした津軽地方発祥の、煮干し・焼き干しでダシをとったスープが特徴のラーメンです。

青森のラーメンを全国へ広めるため発足した 津軽ラーメン煮干し会

その会の代表を務めているのが、この 長尾中華そば の創設者である 長尾大 さんなのです。

店のガラス窓には 朝ラー 7:00開店 の文字。

青森では朝早くからラーメンが食べられるお店が多いのも特徴です。

大きな煮干しの絵の横にある券売機で食券を購入します。

ひと口に煮干しと言ってもいろんなスープがあり、メニューが多くて迷ってしまいます。

スープだけでも3種類、麺だけでも4種類あり、好きな組み合わせができます。

券売機の前に立つと、すぐに店員さんが出てきて「少しお待ちになりますが・・・」と食券だけ先に持って行きました。

店内は狭くて中では待てないので、外で待ちます。

この日は ねぶた祭り の真っ最中!

祭り会場に近い青森駅周辺は観光客でいっぱいです。(私たちもですが)

長尾中華そば の待ち行列もどんどん長くなっていきます。

店内に入ると、なるほど狭い!

席は全部カウンターで10人入れるか入れないかくらい、肩を寄せ合ってラーメン食べてる感じです。

席に着くと、何やら面白い光景。

調味料の下に 配膳・返却口 と書かれたトンネルが。

店員さんが動き回るスペースのない狭い店内、これなら楽ですね~頭イイ!

出来上がったラーメンはこのトンネルから出てきます。

食べ終わった食器はまたトンネルにもぐしますよ。

メニューがいっぱい種類あって迷いましたが、スープは定番の あっさり麺は名前に魅かれて 手打ち麺 にしました。

文字通りあっさりしたスープ、煮干しのガツンとした感じはあまりない印象です。

これなら朝7:00からいけますよ。

ラーメンなのにチャーシューが4枚も、しかも私好みの固めのモモチャーシュー。

ネギもたっぷりのってます。

手打ち麺は柔らかくてコシのない、つるつるした食感でした。

もしかしたら、このスープには細麺の方が良かったかもしれません。

この日は猛暑の8月2日、少しでも体を冷やそうと、ダンナさんは夏季限定の 冷やしラーメン をチョイス。

氷も入っていて見た目にも涼しげです。

こちらは冷たいスープでキュッとしまった細麺が美味しかったです。

私たちの何人か後には、売り切れてしまいました。

ライスはセルフで無料サービスでした!

以上、長尾中華そば のご紹介でした。

店舗情報

【TEL】   017-773-3715

【営業時間】 7:00~21:00

【定休日】  月曜日 (祝日の場合は火曜日)

【駐車場】  なし



コメントの入力は終了しました。